ウォーキング2009-09-28

●バランスよく歩くことが肝心です。

人間の脳の発達は「歩行」が大きく影響しています。

例えば東京タワーのてっぺんに立たされたら、やさしい算数でもなかなか解けません。

モノを考えることができるのは平行バランスが確立されているのが条件です。

そのバランスは歩行によって自然と作られていきます。

足が痛い、体の調子がすぐれないなどの症状があるのはバランスが崩れている証拠といえます。

平衡感覚を高めるには自分の足で立って感覚をつかむのが大切です。

「生理的な美」は歩行によって形成されます。

また日頃何気なくやっている動作も全てバランスが大事。

「偏り」が人間の体に最も害を及ぼしますので、自分の生活を見直してみる事も良いかもしれませんね。
無料アクセス解析