睡眠不足は、健康にも美容にも良くない。。って本当??2009-12-07

眠らないと肌がボロボロになるという。 のは、本当です。

睡眠には、身体の再生などを促す 睡眠と

寝る前までの脳の情報を 必要な情報は、残して 不必要な情報は、残さないように整理する 2つの睡眠があります。

寝ている間に古くなった細胞を新しい細胞に生まれ変わらせる役割を持つ「成長ホルモン」の分泌は眠り始めの3時間に大量に分泌されます。

その後、脳の情報処理がされます。(PC で云うと デフラグですね)

快適な睡眠が、出来ない方 当院にご相談してみて下さい

頭部をすっきりさせて、快適な睡眠のきっかけをつくります。

90分の倍数2009-11-18

 寒い季節になり 朝 起きるのが苦手な方が増えてきますね

「ふとんから出られない」 「あと5分…」なでも

すっきり起きる工夫は、たくさんありますが、今回は、睡眠時間で

のすっきり起きる時間帯を考えてみます。

 睡眠には、「 夢を見る レム睡眠 」を 「 夢をほとんど見ない 」

この睡眠は、90分周期で、4~6回のサイクル繰り返されます。

なので、睡眠の基本サイクルは、90分なのです。

その90分のサイクルに途中で、起きようとすると 目覚めがすっきりしないのです。

起きる時間を90分の倍数に合わせて、起きると 朝 起きやすいのです。

朝が、苦手な方  深夜までTVを観てしまって寝不足な毎日の方

90分の倍数で、睡眠をとってみて下さい!

奥が深い睡眠2009-10-14

睡眠は肥満と密接な関係がある部分もあります。

寝ている間に体に蓄えられた脂肪やブドウ糖をエネルギーに変えるホルモン 「コルチゾール」 は午前12時に就寝された場合で午前3時頃から大量に分泌されます。

夜更かしして遅い時間に食事を取ると体にブドウ糖が入りだします。

体内にブドウ糖が入ってきたばかりでは、残念な事にコルチゾールは、その役割をしません。

入ってきたばかりと蓄えられている事は、違うと云う事なのですね

さらに困った事にコルチゾールは朝8時以降減少します。

遅くまで寝ているとブドウ糖が再び体に戻りだします。

折角 エネルギーに換えようとしたのにそのエネルギーを脂肪に換えてしまいます。

 0:00~8:00 と云う事は、睡眠は、8時間くらいが

 良さそうな事が、解ってきました。

 質の高い 睡眠の切っ掛けを当院では、体感できます。

ご相談 お待ちしております。

睡眠には。。。2009-10-07

睡眠不足や不眠などが長きに続くと、とても辛いですね

うつ病を患う 患者さんの9割が不眠に苦しんでいるそうです。

脳の情報処理が、うまく出来ない事も症状を長きに患う要因の1つでもあるのでしょうね

よく耳にする 睡眠には2種類あります。

夢をみるレム睡眠は心の安定を保つ役割、夢を見ないノンレム睡眠は脳や体に休息を与える役割をしており、交互に約90分の周期で繰り返されている人が多いみたいです。

しかし、さらに深い眠りがあります。 

ノンレム睡眠よりもっと深い眠りの深々ノンレム睡眠は、1ヶ月で、15分得られた人は、心身ともに正常な身体を得られます。

それは、「どうして?」「そんなのあるの?」  

例えですが、「意識不明の昏睡状態」 など、救急で聞いたりしますが、この時 脳は、深い眠りで、身体の修復を最大限にしています。

「では、どうやって寝ればいいの?」かは、当院にてになりますが。。。 

 朝起きて、気分爽快の寝起きですか? それとも 寝起きからダルイですか?
無料アクセス解析